自動車排出ガス規制の仕組み

 

 

年々自動車排出ガス規制が厳しくなっています。

 

この規制の仕組みは自動車のエンジンから排出される二酸化炭素や窒素酸化物、炭化水素など大気汚染の原因となる物質の上限を定めた規制です。

 

すでに発売している車やバイクの規制を行うのではなく、新しく発売される車やバイクの環境性能を規制する事です。自動車保険 比較

 

一昔前はディーゼルエンジンから排出される粒子状物質や硫黄酸化物、窒素酸化物がメインでしたが最近はガソリンエンジンでも厳しくなっています。

 

仕組みとしては単体規制、車種規制、運行規制があります。

 

車種規制は一定の走行条件下で策定されたガス濃度が基準に満たしていない場合、車両の新規登録や移転登録、継続登録をさせ無い事によって、車両排除する規制です。運行規制は大気汚染を防止する目的で行われます。

 

独自に設定された帰省に満た無い場合はそのエリアに限っての乗り入れが制限されます。

 

また観光地などどの環境を保護するためにマイカー規制を行う事もあります。

 

 

 

大きく分けてこの三つの帰省がメインです。最近ではハイブリッド、EVの車についても普及しており数年前に比べて排ガスが減りました。今後についても発売されてから経過が経った車に対して、税金を重くするなどの対策を行い、燃費が良く環境にやさしい車に乗り換てもらう試みを実施する予定です。

 

gf0780078654l