排出ガスが与える影響

 

 

気汚染は私達の健康に大きな影響を及ぼします。

 

大気が汚れる原因の1つに工場から出る排出ガスがあり、法律で排出量が規制されるようになってからは工場地帯の空気も綺麗になったと言われています。

 

しかし最近では中国の工場や一般家庭から発生したPM2.5の問題はまだ記憶に新しく、日本にもその粒子が飛来しており大量に吸い込むと喘息やひどい場合は肺がんなどの問題を引き起こします。
自動車から出る排気ガスについては特にディーゼル車が排出する黒い煙が健康被害を及ぼす可能性があります。

 

この黒い煙には窒素酸化物や浮遊粒子状物質が多く含まれており、大量に吸い込むと気管支などの呼吸器に影響が出ます。

 

また窒素酸化物は光化学スモッグや酸性雨の原因であり、二酸化炭素については体に直接の影響はありませんが地球温暖化の原因の1つとされ、地球温暖化により食糧不足や熱帯地方の病気に罹患する可能性もあります。
自動車については排気ガスを全く出さない電気自動車、ガソリン車よりは排気ガスが綺麗な天然ガス自動車、そして発売から10年以上たって価格もお手頃になってきたハイブリッド自動車は多くの人が所有するようになりました。今後も低公害車の普及を期待したいところです。