窒素酸化物

 

 

窒素酸化物は、一酸化窒素、二酸化窒素などですが、何かが空気中で高温燃焼すると空気中の酸素と窒素が化合してできる物質で、自動車のエンジン内での燃焼でも必ず生じます。

 

一般にNOxと呼ばれます。

 

硫黄酸化物、SOxと並ぶ典型的な大気汚染の原因物質で、水に反応すると硝酸や亜硝酸等強い酸性の物質となり、SOxと同じく酸性雨の原因となります。

 

SOxが燃料に含まれる硫黄を原料として生じるのに対して、NOxは何かが高温燃焼すると空気中の窒素と酸素が反応してできる物質である為に、燃料から原因物質を取り除くと言う方法が使えませんし、高効率を求めて燃料の完全燃焼を求めると燃焼が高温となりNOxが発生しやすくなると言う難しい側面を持っています。

 

また燃料由来のNOxもあります。石炭を燃やすとその成分として含まれている窒素化合物が原因となってNOxが放出される物もあります。

 

さらに化学肥料を土壌中の微生物が分解することでも生じること知られています。

 

またNOxは強い酸化作用から人体に影響があり、気管支炎などの原因になっています。

 

また酸性雨の原因となり、二酸化炭素の310倍と言う温室効果があり、さらに現在最大級のオゾン層破壊物質となっています。