運行規制

 

行規制は排気ガス規制の一つの方法で、定めた排気ガス規制に不適合な車の運行を認めない規制です。これは地域規制と行われる規制で、排気ガスによる空気汚染の激しい都市部で行われます。やはり地域規制として行われる車種規制で規制しても、地域の外から来る車は規制しきれません。特に東京などのような大都市では、地方に使用の本拠を置いている車が多く流入してくるので十分な排気ガス規制となりません。そこで車種規制に準じる程度の規制で運行の規制を行い車種規制に規制されなかった地方の車を都心部へ流入させないための規制です。もっとも大気汚染に大きな影響を及ぼすのは、大型のディーゼル車です。

 

しかも大型の貨物車やバスが多く、このような車は長距離を移動することが多く地域規制だけでは使用の本拠を規制地域外に移して規制地域内で運行されるようになるので、運行そのものを規制するしかないのです。日本では東京の大型車規制にはじまり近畿地方の京阪神でも行われました。この規制はほぼ大型車の規制で普通乗用車などは規制外とし業者には厳しい反面、個人には比較的緩やかな規制として行われました。またこの規制は国土交通省ではなく、各都道府県など自治体が行いました。